スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢島ラジオ(2015/11/27)

188.jpg




※トークコーナー
<℃maj9>


【限定盤A】19曲+ナルチカ映像
【限定盤B】19曲+MV別版
【通常版】20曲

℃maj9/℃-ute

¥3,000
Amazon.co.jp

<声>
・10代の頃は声が低めでかわいらしい声になりたかった
・そこで意識してトーンを高めに話すようにした
・20代になってから声が幼い感じになってきた

理想のアイドルになるための、この飽くなき努力。
1991年度組のアイドルはモンスター揃いだと改めて思った。

<お姉ちゃんという名の叔母ちゃん>

甥っ子や姪っ子にお兄ちゃん(お姉ちゃん)と言いたくなる気持ちはよく分かる。

<舞美のハロプロ曲>
ハロプロに出会った曲:ハッピーサマーウェディング
パフォーマンスが難しかった曲:抱いてよplease go on
今の気分:草原の人
生で見て感動した曲:後藤真希が楽屋でずっと振りを研究している姿を見た時


<その他>
・岡井ちゃんから貰った首からかけるiPhoneケースを貰ってからiPhoneを失くしたことがない舞美
・親友が職場で℃-ute曲を鼻唄で歌ってたらお客さんに℃-ute曲と気付かれたことがある
  -アイドル現場で℃-uteの話題が出ることが増えてきているらしい



※Let's try:℃-uteファン女子の名称


子供:ちびキュー
女子:℃女(どじょう)

矢島「でも、どじょうってなんか嫌ですよね」
言ってから微妙さに気付く舞美。



※ラジオブログ:冬が来る前に
・もうちょっとで冬
・舞美がやり直したことがある
  -モーニング娘。の鞘師里保と食事に行くこと
  -留学前に一緒に行きたい
・鞘師里保
  -モベキマスの頃、一緒に北海道に行ったときの想い出
   -口いっぱいにご飯を頬張っていてハムスターのように可愛かった



※ありがとう~あなたへのメッセージ
<中学時代>
・先生も友達も舞美のアイドル活動に対して協力的だった
  -合唱練習を放課後にやるときダンスレッスンで抜けないといけないとき
   抜けずらい雰囲気を察して先に声をかけてくれた
  -課外授業でも出かけた先が職場に近いとそこから直接職場に向かわせてくれた



先週の放送はこちら

テーマ : ハロー!プロジェクト - ジャンル : アイドル・芸能

Tag : ℃-ute

COMMENTS

COMMENT FORM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。